全身コンプレックス

全身体当たり系雑記ブログ

『ホームアローン』 1990年公開

f:id:kobito711:20200629232211j:plain

 

言わずと知れたホームコメディ映画である。あまりにも有名でおそらく日本でも見たことない人を探す方が大変であろう。かく言う私もこの映画に関しては何度か見たことがある。

 

この映画評として挙げられる「面白い」「ちょっと感動する」と言う評価は概ね正しい。面白いしちょっと感動する。
なので、今回はあえて別路線から攻めてみたい。感動と面白さの比重である。

 

基本的な路線は家族愛である。

しかし、家族愛に対するアプローチが面白いである。

その意味でこの作品はアプローチ方法とテーマとの関係性が薄くなっている。斬新とか前衛的という言葉を使うことができるがしかしな、アプローチ方法としては疑問が残る。

 

個人的にはいっそ面白に振り切り、家族愛という落とし所を用意しつつ例えばドタバタ逮捕劇を見せ切るなど、面白要素で勝負してもよかったのではないか。
コンテンツとしてはなんか色々詰め込んでいるなあと思ってしまうわけである。