全身コンプレックス

全身体当たり系雑記ブログ

『最後の猿の惑星』 1973年公開

f:id:kobito711:20200628191637j:plain

 

どうも、こびとです。

本日の映画感想は『最後の猿の惑星』である。

 

ここまで、猿の惑星シリーズは一気に見てきたわけであるが、これでいったんの完結を迎える。相変わらず、猿の作りこみがすごいなあと感心しつつ、その裏にあるテーマを探りながら見ていくわけである。

 

今回のテーマは未来と平和、だと思う。月並みだが。

主人公猿のシーザーは自分の両親(未来から来た)が残した未来の地球の様子を知り、その未来を変えようと思う。一方でやたらと好戦的な人間側の生き残りとゴリラ、そして息子までもがゴリラに殺されるという事態で、悩みながらも未来を変えていくのか、その葛藤を描いている。

 

前作は圧倒的に猿対人であったが、今作はテーマを深掘りする作品になっていたかと思う。戦いそのものは確かに映像的には陳腐だが、しかし、大事なのは戦いの映像美ではなく、戦いがあったということの事実であり、それがシーザーの悩みにどうつながるか、という点であると思うので、そこまで気にならなかったな。

 

そして、これがいったんの作品の最後に当たるわけである。

そう考えると少しえぐみがあるように感じた。

というのも、まったくもって善人が出てこないのである。その意味で、どこまでもリアルなのだ、猿なのに。いや、たぶん「猿なのに」ってのがミソで、リアルと非リアルのアンバランスさが面白いのだと思うが、結局猿も人間もほかの生物たちも、生存欲望という行動原理でその行動原理から逸脱しないのが面白い。

 

生存のために共存するか

生存のために戦争をするか

 

こういう選択がその先の平和な世界の色を変えるというテーゼ。

形を変えていろんな作品に出てきそうな問題である。