全身コンプレックス

全身体当たり系雑記ブログ

『続 猿の惑星』 1970年公開

f:id:kobito711:20200611104952j:plain

 

猿の惑星

 

得てして2作目というのは、1作目が人気があったから作られるものである。それ故にいたずらに期待値が上がり、その期待値を超えるのはかなり難しくなる。駄作と呼ばれたり求めるものが違うと言われたり。

 

やややっつけん感だの、主人公が違うだのあるが、この猿の惑星はその意味で「ダイナミック」「大幅なストーリー展開」を用意することで、前作に劣るということを回避している。
それほどまでにラストシーン含め相当なショッキング展開を用意している。

 


※ネタバレ含みます

 

印象的だったのは猿の中でも明らかな序列を設けたこと、軍事面に振ることの恐ろしさ含め描いたこと、それとやはりラストシーンだろうか。
人の愚かさを戦争におき、その歴史を客観視させるというフィロソフィーは変わらずである。

 

ラストシーンで人間側が手を下すってのがまた皮肉で面白いな。人間によって始まり人間によって終わる。そして終わらせ方は地球そのものの爆破という終わらせ方。もうぶち壊しちゃえばいいよねって言う、ある種の自殺的な考え方だ。

 

この意味では人間というのは破壊的動物と捉えている。
人と猿はおろか人と人との共存すら欲望という点で成り立たつことができず、それ故に破壊させる屈服させることで欲を得てきたと捉える。

 

そして最後は共存ではなくともに破壊。
なかなかショッキングな結論だが、実はこのシリーズまだまだ続く。その先に何を描くのか、面白いところである。