全身コンプレックス

全身体当たり系雑記ブログ

日清食品『カップヌードル マッサマンカレー』レビュー 世界一旨いカレー

どうも小人です。

 

世界一美味いといわれるカレーがマッサマンカレーというらしい。本当かどうかはわからない。場所はタイ南部、たしかに何かありそうである。タイ南部だぞ、ただのタイじ

ゃないんだからな。何言ってるんだ、私は。

 

そんな何かありそうなタイ南部でマッサマンカレーというのができたのが16世紀(諸説あり)。
イスラムの教え通りに豚肉は使わず、ココナッツミルク等で味付けされたカレーなんだとか。

 

かと言って甘いのかといえば、スパイスはふんだんに使っているから辛いは辛い。そんなカレーがこのマッサマンである。マッサマンってちょっと響きもいい。ロックマンあたりで敵キャラとして出てきそうだ。

f:id:kobito711:20190709221426j:plain

ここのところ日清は日本に飽きたのか、世界に飛び出して様々な味を生み出している。
イタリアン、メキシカン、そしてマッサマンだ。最後は「ン」で終わらせる決まりでもあるのだろうか。しりとりなら負けているが商品開発に終わりはない。そうすると次はなんだろうか。「アメリカン」は安直として「インディアン」とかありそうだ。いっそ「オーストラリアン」とか「カナディアン」とか攻めてほしい。「カナディアンメープル味」いいではないか。

 

バカなことを言った、マッサマンに戻ろう。

 

実食 むむ、意外性がグッドなカレー

 

まずは出来上がり。

 

f:id:kobito711:20190709221315j:plain





カメラの腕前のせいで見た目が麗しくないが、色合いはバーモンドカレーの色。匂いはしっかりとカレー。

 

一口スープを飲んでみる。そうきたかと言わせるスープだ。

マッサマンは意外とカレーラーメン系のカレーではない。カレーラーメン系のカレーはどちらかというとどろっとした感じのカレーか、はたまたドライカレーっぽいカレーが出てくるケースがあるのだが、マッサマンカレーはどちらかというとサラッとしているカレーだ。

 

それ故にスープもカレーラーメン独特のしつこさがない。なるほど、世界一美味いと言われるのも理解できる。実際に美味いかはこの場合どうでもいい。タイからはるばる出てきて、日本に来てまさかラーメンと出会いそしてフュージョンするという旨さだ。なんだそりゃ。

 

でも実際ラーメンとの相性はいい。これはこれで癖になる味である。さすがは日清である。

 

評価40点<100点満点中平均30点>

 

癖になる味わいがすごい。癖がすごいんじゃ状態だが、それでもマッサマンカレーを味わえるいいラーメンだろう。日清のカップヌードルらしさも出ていてそこもまた良し。