全身コンプレックス

全身体当たり系雑記ブログ

『サッポロ一番 野郎ラーメン 激辛大爆発野郎』レビュー 大爆発はしない激辛ラーメン

どうも、こびとです。

 

最近忙しい。部署が変わってからというもの、毎日10:00から17:00までMTGがある。そんな話すことあるのか?と思いながら、ちゃっちゃと終わらせてしまうのだが、それでも30分ずつくらいは時間がとられるので、やっぱり忙しい。

 

MTGが大好き人間がいる。とりあえず、会って話したいのだ。カウンセリングと勘違いしている節があるが、大抵年配の方がこういう傾向にあり、面倒なので会うことにしている。

でもやっぱり時間がとられるしなあと思ったりするので、この辺は難しい兼ね合いだ。

f:id:kobito711:20190609142808j:plain

さて、そんなストレスを吹き飛ばすべく、本日いただいたのは「サッポロ一番 野郎ラーメン 激辛大爆発野郎」である。野郎ラーメンは野郎シリーズ。野郎ラーメンは二郎系でありつつ少し異色ということで二郎亜流とも言われている。まあ特段ラーメン好きでなければ、こってりな二郎の亜種と思っておけばいい。

 

今回は激辛大爆発である。名前からしてとんでもない辛さを誇っていそうだ。

楽しんで食べたい。

 

実食 大爆発ほどではない

こう辛い系ラーメンが増えてくるとどうやって評価しようか迷う。
でもやっぱり指針の一つは辛いものの筈だ。

 

というわけで、評価ポイントを辛いか、辛いけど美味いかというポイントに絞りたい。

ラーメンとしての上手さとか新しい試みとかも評価ポイントにはなるが、辛いかどうかで判別したい。

 

その上でこの「サッポロ一番 野郎ラーメン 激辛大爆発野郎」だが、対して辛くない。
いや本当に辛くない。

f:id:kobito711:20190609142832j:plain



このレベルでは辛めという言葉の方が正しいだろう。

野郎ラーメンは二郎系に比べて、脂感が薄まっていると聞くが、辛さもそういう要素を踏襲したのだろうか。でも大爆発っていうネーミングの割には辛くないのはダメだろう。

 

評価30点<100点満点中平均30点>

 

評価ポイントを辛さに置いたので点数は平均。
辛さがイマイチだと評価が上がらない。
うーん、なかなかイマイチな商品だなって感じでした。