全身コンプレックス

全身体当たり系雑記ブログ

『まつむら』@人形町 伝統を感じる街のパン屋

どうも、こびとです。

 

街をぶらぶら歩くことの楽しみはなんだろうと考えると、やっぱりふとしたものとの出会いのような気がする。

 

例えばちょっとした看板だったりマンホールの模様だったり。街の個性は歩いてみると分かったりする。

今日訪れたのはそんな街の雰囲気を醸し出すようなお店。人形町まつむらである。

f:id:kobito711:20190507202328j:plain

 

水天宮前駅にほど近いこのお店は、佇まいからなんとも言えないレトロな雰囲気を醸し出す。


この雰囲気の良さは歴史でのみ築かれる。雰囲気の構成要素が歴史の場合、得てして格式だったり荘厳といったオーラが纏うものである。しかし、この店には格式だったり荘厳と言った雰囲気ではない。地元のおじいちゃんと言った親しみやすさである。

 

お店はサンドウィッチパーラーという名の通りパン屋さん。まずは古びた自動ドアを開けて中に入ってみる。

 

店内は3分の2が販売コーナー、残りがイートインコーナーである。
入り口から近いところにサンドウィッチや変わり種のパンがある、よくある配列になっている。木でできた机がなんとも可愛らしい。

せっかくなので、色々買って帰りたいところだが、ここは特に気になった2種類を選んで帰ることにした。

 

実食 変わり種でも美味しい

 

選んだのは、ちくわドッグと豆腐メンチパン

 

f:id:kobito711:20190507202354j:plain

 

まずはちくわドッグ。正直ちくわとの相性はどうなのだろうかというところ。

 

 

一口食べてみると、おお!

案外にもちくわ。そして中にツナが入っている。これはうまい!

 

f:id:kobito711:20190507202420j:plain

シンプルながらちくわというアレンジがいい。

 

 

f:id:kobito711:20190507202429j:plain

もう一つ。豆腐メンチだ。こちらは結構想像通りで、メンチっぽい作りに豆腐が入っているもの。こちらもうまい。

 

評価60点<100点満点中平均30点>

 

残って欲しい名店というのはこういう店を出すのだろう。いやはや、丁寧かつ美味しい。
そして、やっぱり街のパン屋というのはいい。その街の色んな要素を染み込ませた歴史あるパン屋だ。