全身コンプレックス

全身体当たり系雑記ブログ

『肉処 牛和火』@人形町 お手軽ハンバーグは意外とあり

ハンバーグを手短に

 

f:id:kobito711:20190106174033j:plain

 

やや仰々しい名前だが、コンセプトはお箸で食べられるお手軽ハンバーグってことで結構シンプル。シンプルなんだけど意外な感じもする。

ある意味『いきなりステーキ』的な感じだ。

 

「いきなり」と「ステーキ」ってどう考えてもであったことがない二人だと思う。

ステーキは「いきなり」よりも「じっくり」とかの領域にいる料理だし、だからこその意外性を発揮したのだ。ハンバーグもどちらかといえば「じっくり」の領域だろう。

 

その領域をまたいで今回はお手軽ハンバーグができたわけである。

 

食べログ様はこちら

tabelog.com

 

お店の場所はわかりやすく、

金座通りと人形町通りの交差点に位置する。

カラオケ屋がビルの上の方に居座っている1階という好立地で、多くの人通りが見込める場所だ。土日もお店はやっているので、どうしてもの方は土日に訪れるのがいいと思う。

 

さてはて、お店の前に券売機があり、こちらでメニューを選択するわけだが

あるものは

「牛100%」

「合挽」

の2種類。

それぞれソースが4種類あり

「ガーリック」

「オリジナル」

「オニオン」

「おろしポン酢」

と分かれている。

今回は「合挽」の「ガーリック」を選択。

 

店内は横に長いカウンターのみの店。

座席数は10席くらいだろうか。清潔感がある。

実はこの場所、結構魔の場所でお店がすぐに変わってしまったりする場所なのだ。

なので、内装にこだわっていない店もあったのだが、今回はきれいに作っている。

 

さて、、、

食券を渡し、いただきましょう

 

実食

 

f:id:kobito711:20190106182200j:plain

 

まずはスープがすぐに出てくる。

これを飲んで楽しんでいると10分経たずで着。

まずはお肉に店員さんがソースをかけてくれる。

 

1分ほど待つように指示されるのでよだれを垂らして待ってみる。

店員さんの引いた顔を見ながら、1分ジャストで蓋を開けて食べ始める。

 

お肉を箸で切ると

じゅわーっと肉汁があふれる。

まずは一口、うむ、悪くない。

 

お肉自体の味もいいのだが、柔らかくて熱々なのが高評価。

ソースのガーリックは思ったほどガーリックしてこないのがやや残念か。

周りの付け合わせもシンプル。

もちろん値段が800円でこの場所にしてはかなり安いので文句はない。

むしろ、800円でのレベルだと思えば結構いい方だと思う。

 

お米も悪くない。

特出はないが、値段とサービス、味のバランスがいい。

 

評価70点<100点満点中平均30点>

 

美味い、というほどのものではない。

ただ、パフォーマンス力がすごい。

安いし量も多い。東京の中央区という場所柄、どうしても値段は1000円を超えてしまうものが多いのだが、1000円未満の食事だと思えば、これはかなりいい。

 

安くて、それなりに味も安定していて、肉が食べたいときに使える店だとは思う。

男同士で行くべし、って感じだ。