全身コンプレックス

全身体当たり系雑記ブログ

『魚とら』@浜町 絶品煮つけにくぎ付けにされた

うますぎる煮つけは隠れ家にあり

 

f:id:kobito711:20181214145249j:plain

 

ぶらぶらと散歩するには寒過ぎる日。

よく晴れていて気持ちはいいのだが、ちと寒いか。

こんな時は前々から狙っていた店にとっとと入ろうか。

 

今日訪れたのは『魚とら』という店。

こちらもおさかなメインの和食系ランチをやっている。

東京の中央区にして800円とかなり安めのありがたい値段設定だ。

それでも僕の財布的には痛いですが。

 

寒いなーと思って店の前につくと2名ほど並んでいる。

まあ、このくらいなら大丈夫かと待つのだが、日陰はやっぱり寒い。

やめようかと思っていると、さすがはサラリーマンの街といったところか、回転率はいいようで、どんどんお客が入れ替わっているようなので待つことにした。

 

待つこと数分、店内に案内され、すぐにお茶を提供される。

そして、待つこと数分で料理が出てくる。

ここまではたぶん10分とかかってないぞ。

すごいな、この早さは。

 

実はここもかなりの名店。

ランチや夜メニューでもこのあたりだとサイトに載るくらいのお店だ。

それでいてお高い感じじゃない。

 

お母さんと呼ぶべき女性と奥で作る店長。

お母さんが注文を読み上げると店長はすかさず

「わかったー、あと〇品(提供できる料理数が決まっているらしい。魚だしな仕入れ数も限られているのだろう)だからね!」って声を掛け合う。

狭い店内、相席が当然の中、常連さん通しの掛け合いもある。

さすが老舗、江戸が残っているなー。

 

そんな心意気ごと、いただきましょう。

実食

 

f:id:kobito711:20181214150152j:plain

 

もうね、写真に入りきらないほど大きいのである。

びっくりした、この値段でこの大きさはすごい。

まず最初に申し上げておくが、写真には入りきらないがお腹には入りきったので、ご安心を。というか、このブログで出てくる食べ物類はすべて食べている。

残すなど言語道断だ。

 

煮つけはとても甘いたれでご飯が進む。

しっかりと焼かれていて、それでも身はホクホクしており美味しい。

お箸を入れるとぼろぼろと崩れていくんだが、それがタレと絡まってまた美味しいんだ。

 

とにかくうまい。

これでお酒でも出された日にはたまらん。

 

お漬物ときんぴらごぼうも一緒に出てきたが、これもまた美味しい。

お味噌汁は辛め。

一気に味が引き締まる。

 

評価80点<100点満点中平均30点>

 

人によっては甘すぎると感じるかもしれないが、僕的にはタレはすごくおいしかった。

今まで食べてきた煮つけの中でも1位2位を争うおいしさ。

身も多くてホクホク、あったかいままの提供も素晴らしい。

値段、味、量とも素晴らしかった。

 

下町の老舗感もあり、そういうのをお求めの方には本当にお勧めしたい。