全身コンプレックス

全身体当たり系雑記ブログ

チャーハン王@新橋 チャーハン王はまさに王の味!

キングオブチャーハンのお味

 

f:id:kobito711:20181123005007j:plain

 

まず名前に惹かれた。

中華料理の店というのは、「美」という文字だったり「華」という文字だったりを多く使いきれいなイメージが多いが、新橋にあるチャーハン専門店はそんなことはしない。

ただのチャーハン王。それだけですべてがわかる。

いや、しかし王って来たか。すごいな、なかなか自分で王とは言わないぞ。自分でその名称を付けるのはデーモン小暮閣下くらいなもんだろう。

 

チャーハンの王様を名乗るその店はサラリーマンの街、新橋に店を構える。

王城は駅から近いニュー新橋ビルの地下、この迷宮のような城内の地下1Fに王室は存在している。

 

思えば、チャーハンというのは幅が広い料理だ。

例えば、キムチを混ぜたキムチチャーハン、海鮮と合わせれば海鮮チャーハンや海老チャーハンなんてのもあるし、豚肉と合わせて豚肉チャーハンも美味しい。

餡かけを乗せた複合タイプもいるし、とにかく単品のみならずいろんなパターンを用意しているのがチャーハンだ。

 

さて、そんなチャーハンの王様たる『チャーハン王』はどのような兵力(具材)で私を攻略してくるのか。テンションが上がりすぎてやや文章がおかしいな。

 

本日のメニューは

 

f:id:kobito711:20181123010823j:plain

 

チャーハン王にはメニューは一つしかない

 

チャーハンセット980円

チャーハンとスープがついてくるということなので迷わずこれ。

あとは酢モツとか飲みメニューが少しだけ。

 

待っている間にメニュー脇にある食べ方の指南書をチェック。

最初は普通に食べて、次に特製ソースというやつをかけるらしい。

最後はスープと一緒に食べてくれ、ということだ。

なるほど、郷に入っては郷に従ってみるか。

 

実食

f:id:kobito711:20181123011447j:plain

 

いや、名前だけと侮っていた。そんなことするのは私だけだろうが。

美味しい。

本当においしい。

さらさら系のチャーハンでスプーンを入れるとすぐに崩れるのだが、お米一粒一粒がしっかりと脂がコーティングされているかのような、それでいて脂っぽくなくしっかりと火が通っている。がつがつ入るチャーハンだ。いや、参った。美味しい。

 

スープを一口飲んでみると、これまた美味。

鶏ガラとんこつスープといった感じで、しっかりと味が出ている。

これだけでもかなりの価値があるんじゃないか?

 

具材はシンプルに卵とかまぼこだけ。

でも変に邪魔しないためだろうな。

 

その後、チャーハンに特製ソースをかける。

この特製ソース、酢醤油だ。

軽く舐めてみたら、すっごくすっぱい。でもチャーハンにかけるとまた合うんだ。

この酸っぱさがすごくいい。

軽くかけるだけでいいんだが、味が本当にガラッと変わる。

 

ゴレンジャーが急に巨大ロボで戦う感じ。

お前らさっきまでちまちま戦ってたのに、いきなり大味な試合になったなっていうあの感じ、、、伝わりにくいな、だいぶ。

 

でもすごいんだ、これ。

美味しいから食べたほうがいい。

 

評価80点<100点満点平均30点>

 

本当においしかった。

一日限定150食らしいので、気を付けてほしい。個人的には夜はほとんど並ばないで済むので、夜がいいと思う。

 

チャーハン専門店ってのも初めてだったし、一品しかないってのもびっくりだけど、こりゃ食べたくなるわ。

 

お値段と場所柄的にこの点数だが、もう少しいい場所で安ければ100点取れると思うチャーハンだった。もちろん、個人的にはこういう場所好きなんだけど、たぶん一般的にはあまりすかれない感じの場所なんだろうな。

 

ただそれでもぜひ一回、ボーナスが入った時にでも食べてほしい。

 

食べログ様はこちら

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13143700/