全身コンプレックス

全身体当たり系雑記ブログ

人形町「魚食堂 きてれつ」 和食ランチに舌鼓!訪れるべき名店

私は基本的には中央区、特に人形町を拠点としている。

かれこれ住んで5年になるか。職場が電車で近いという理由で選んだが、いい町である。この人形町という街は、多くのビジネスマンが集い、そして夜は一大飲み屋街となる。昔は花街であっただけあり、かなりの賑わいだ。

 

グルメは近場、ここ人形町周辺から始めたい。

 

魚の名店「きてれつ」2号店ともいえる「魚食堂 きてれつ」のランチ

 

f:id:kobito711:20181116164525j:plain

 

人形町のきてれつといえばかなりの名店だ。

和食、特に魚介に強いで有名である。 そんな「きてれつ」の 2号店ともいうべきか。

 

一応、食べログ上では「2号店」とは呼ばずに、

魚や きてれつ(本家)

魚食堂 きてれつ(2号店)

で区分されている。

 

お店の名前は間違えやすいが、地図上は結構違うから間違えることはない。

本家は甘酒横丁より、2号店は人形町から小伝馬町へ向かうほうだ。

 

さて今回は2号店へランチで訪問。

だいたいメニューは3つでその日の仕入れ状況で少しだけ異なっていくようだ

 

和食はいい。やはり日本人たるもの和食は美味いと感じる。ビジネス街でもこの空間だけは時間がゆっくりと流れるようだ。

 

本日のメニューは君に決めた!

この日のランチメンバーは

 

ハラス焼き1000円

さわら1000円

カキフライ1200円

 

というメンバー。

 

全てに刺身が付いてくる。
刺身とご飯と味噌汁。そのほかのメインが上記の通り。どれも美味そう。

ハラス焼きとも悩んだが、ここはカキフライを選択。

実はこの店には何度かランチでお邪魔したことがあるのだが、カキフライというメニューは見たことがなかった。しかもカキフライはこの時期限定感がある。

 

お昼時は常に満席。
一人なら滑り込みで入れる
グループはやや厳しめと言った人数割合か。

 

さっそくいただきます

f:id:kobito711:20181116164508j:plain

 

まずはご飯を一口いただく。輝いた暖かいお米は非常に美味しい。
さらにカキフライをパクリ。

 

美味い!!
美味いぞ、これ。

この選択に当たりを確信する。

 

小ぶりながらも4つもあり、しかも衣が薄い。

カキフライって難しいんだ、脂っこくなりやすいし、衣がつきやすい。

たまにソースプラス衣を食ってるみたいなカキフライがある。

 

なのに、このカキフライは衣が薄くてしかも美味い。牡蠣もプリプリ感を残している。
しっかり牡蠣の味があり、カキフライを食った感じだ。付け合わせにナムルっぽいもやしがあるのも高得点。

 

思わずご飯をかき込みたくなるが、ぐっと我慢。そう、

 

刺身がいるのだ。

ご飯は刺身に譲ろうではないか。

 

カキフライを2つ堪能したところで刺身に移る。

メンバーは、中とろ、しめ鯖、イカ、タコ、アジ、シラス、ネギトロと言ったところか。オールスターという感じだ。

 

特筆だったのが、シラスとしめ鯖。
シラスはいまさっきまで生きていたかのような鮮度。しかも味が濃い。しめ鯖の〆方もいい。お酒が欲しくなるな。

 

お盆中央に陣取るのは、豆腐とゲル状の出汁
スルスルっと入り、脂を流してくれる。

 

評価85点<100点満点で平均30点>

 

いやはや参った。
大満足だ。

文句のつけようがない。
和食の教科書のようなランチだった。

 

本当は満点である。ただ最初から満点にしてしまうと指針が分かりづらくなる。
という点で一旦85点にします。あとで変更する恐れ充分にあり。

ごちそうさまでした。

 

食べログ様はこちら

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13217360/